海外旅行?留学?リタイアして海外へ?外国人と友達に?TOEIC?ビジネスで必要?スクール、教室で効果が出ない?英語でしゃべらないと!そんなあなた!ネイティブを含む5人『トークるズ』が英語と英会話の学習を全面的にお手伝いしちゃいます!

「どういたしまして」 英語

October 20, 2006

ボキャブラリーを増やそう!(会話編)

スポンサードリンク

先週は、「ありがとう」という言葉をいくつか学習したのですが、

それに対する、「どういたしまして」の表現が「You are welcome.」の

他にないかとのメイルを多数いただきましたので、そのご質問に

お答えしたいと思います。

まず、You are welcome.(どういたしまして)をもう少し丁寧に

丁重に言ってみましょう!

You're more than welcome.

You're most welcome.


こんな感じで、より丁寧に「どういたしまして」が言えます。

では、次に、それ以外によく使われる言葉を紹介します。


Not at all. (どういたしまして)

Not a bit of it. (どういたしまして)

It was nothing. (どういたしまして)
 

 ※直訳「全然、そんなことないです。」

Don't mention it.(どういたしまして)

 ※直訳「例なんて言わないでください。」

No problem. (どういたしまして)

 ※直訳「問題ないです」

No trouble. (どういたしまして)

No sweat. (どういたしまして)

 ※直訳「全然、たいしたことじゃないです」

以上は、「ぜんぜ~ん。」といったニュアンス表現のです。

次の表現は、日本語に直すとちょっとキザに聞こえますが、

英語ではそんなことありません。


My pleasure. (どういたしまして)

It's a pleasure. (どういたしまして)

The pleasure was mine. (どういたしまして)

 ※直訳「光栄ですよ」

この表現はちょっとカッコつけすぎじゃないかという感じで私は

あまり使えないのですが、ネイティヴの人は結構、ひんぱんに使っていますので

もっともっと使ってもいい表現だと思います。

また、ちょっとカジュアルですがこんなのも使えると思います。


You bet! (別にいいよ!)


「You bet」は、口語で頻繁に使われる言葉です。

映画などでも、よ~く出てくると思います。

いくつか意味がありますが、

You can bet money (on that). (それにお金賭けてもいいよ)

この英語の略です。


言い方や前後関係で、「そうだよ!」という自分の予定や考えを

聞かれた場合の肯定表現に使われたり、

「いいよ!」という軽い同意に使われたり、

「どういたしまして」「別にいいよ」という

「Thank you.」に対する言葉に使われたりします。

では、最後にもう少し丁寧な表現を勉強しちゃいたいと思います。

ここぞ!というときに使ってみてください。

I was glad I was able to help.

 (お役に立つことができてよかったです。)

日本語でも、英語でも共通なこととして、言葉を多くすれば、

その分、丁寧で丁重な感じがでてきます。

これもそんな表現です。

「一言」ではなく、「文章」で話すということですね。


では、最後の表現です。

You would have done the same in my place.

(あなただって同じようにしてくれたと思いますよ。)

とても丁寧に感じますよね。

初めて、この表現を耳にしたときは、本当に美しい言葉を

使う人だなあと思ったものです。


しかし、みなさん、この表現も決して、丁寧すぎておかしな表現では

ありません。


言葉は、ちょっと丁寧なくらいの方が言葉は気持ちが

いいものです。


是非、今度使ってみてください!

では、いろいろな表現を憶えて、会話を豊かにしていきましょう!

スポンサードリンク



  http://eigo.acqwords.com/index2.php?official
  (トークるズのご案内)



nihonsekai.jpg
ご参考になりましたら、ここをクリックして、人気ブログランキングへ



にほんブログ村 英語ブログ やり直し英語へ
にほんブログ村

Permalink

トップへ